雨。昼から飲む。ブラジルのナイスガイ、ロジャーがブラジル東北の地酒を送ってくれたが、これはまだ開封しない。が、かのかという焼酎は、ブラジルの蒸留酒、ピンガに似てなくもない。                                                        水路が詰まってたから、枯葉を取り除くとおかしな感触。それは毛が全部抜け落ちたアナグマであった。                                                                       稲刈り、ひと段落、残りは天日干しだが、なんともだらだら続く春のような雨が止むのを待つしかない。

広告