third days.気分は完全にガキの頃の秘密基地作り。あの時は他人の山の木をきりまくって木を支柱にして、近所のおっさんに大叱られした。それにしても雑で狭いほど落ち着くのは何故か。わしはここを庵として野垂れ死にたい、俳句を詠みながら。 

    
   

広告