この一ヶ月 昼は田んぼ 夜は暗室といった毎日であったが、泣きに泣いた銀塩プリントは無事パリに到着し(ゆうても二つのパッケージのうち小さいほうはなぜか40ユーロ税金取られたみたいやが)田んぼのほうはトラクターの不調で急遽近所のばあちゃんの家の倉庫で眠ってるのを借り、なんとか本日の田植えにこじつけた。歩行型の,しかも2条植え田植え機はもう絶滅種である。泥に足をとられももの裏がつる。腕が水ぶくれや。まだ全部終わってないが、明日から鹿除けの対策に着手するがバライタプリント焼くより楽や。本日は山口名物 金太郎で一杯や。

rice field in day time while darkroom in night time everday for this one month.
my gelatin silver prints flied to paris in safe and today i got planted babyrice today with old skool, rare, planting machine. walk in mad. my arm got many blisters. not finish yet but i am so relaxing now with iichiko booze. work of fence thing against deers and wild bores are remained yet but its easy work ,compared with making fiber base prints. you know it, man.

FullSizeRender (3)
IMG_0755 (1)

FullSizeRender (1)

広告